ハニーセレクトの記事に検索から来て頂いている方々に少しでもお役に立てればいいなぁと考え、私が今まで起きたエラーやmodを導入したりしている際の困った出来事を思いつくだけ少しですが書いてみようと思います。 

自分のやりたい事をできるようになりたいなぁという程度の知識ですのでご了承ください。
まず最初に知っておくべき事がいくつかあります。

<ゲーム内のデータをいじる>
ということを考えると、度合いによりますが完全に自己責任になります。まずは違う場所に丸ごとバックアップデータを保存しておきましょう!
そして何かが完成したり、ひと段落したらまた別の場所に保存するなどしてすぐに元に戻せるようにしておいたほうがいいと思います。
私はGTA5専用にSSDを増設している状態です。modやバックアップを含めてすごく容量を使うので200Gくらいフルに詰まってます・・
modって一言で表現しますが、DLCのように追加マップや追加衣装を無料でダウンロードできて更にゲームを拡張して楽しめる♪?
すごく良い言い方ですが、中には他のゲームのぶっこ抜きマップだったりキャラだったり衣装だったりするものが良くあります。
スカイリムをはじめ、公式にmodは容認されてはいますが、ツイッターやブログにアップしたり公にしているとエライ人が禁止してしまう可能性がありますので、考慮してから画像などを掲載するようにしてください。特にまるごとキャラデータみたいなやつは気をつけてください。

<ツール類>

SB3Utilityなど色々ありますが、使い方に慣れるまではかなり時間がかかるかもしれません。
細かく解説しているサイトはなかなかないために、ご自分のやりたいことで詰まってしまった際に助けてくださる方はなかなか見つかりません。
何度もいろいろなことを試して正解を探る・・・そうして夜中になるという日々が続いても乗り切る覚悟が必要かもしれません。

hsmod
まずSB3Utilityの画像で説明します。
作業していておかしいな?と思ったら左下のLogという所に注目してみるとよいかもしれません。
エラーやWarning!などの表示が出ていたりしませんか?google翻訳などで訳してみると何か原因が分かるかもしれません。
まずいじる前に、ダウンロードしてきたツールやmodが不具合がある場合もあります。

右のRendererに表示されない・反映されない
Logにエラー表示された際にもいえますが,modは
多くの環境でのテストをしたうえで配布しているものではありません。

動作テストは作った人の環境で動作したというくらいだと思います。
ですのでwin10の人が作製したものをwin7で動かないとか32bit64bitで違うとか、原因が環境の何かだった場合は諦めないといけないmodも出てくるかもしれません。

SB3Utilityで経験したのは他にもいろいろありますが、衣装をblenderでいじってゲームを立ち上げたらその衣装が紫色になっていてテクスチャが貼られていないみたいになっていたり、首から下が透明になって消えていたこわいことがありました。

それは詳しくは過去の記事にありますがhttp://charactermakinggame.blog.jp/archives/67545089.html
ツール類の相性などというよりも、
HoneySelect/abdataの中にあるmat_cha_00.unity3dを先に読み込むのを忘れていたり、blenderでエクスポートしたファイルの保存形式が違っていたり、操作・段階が間違っている可能性が高いです。


ゲーム内に反映されないような時は、mod同士で相性が悪いものもあるかもしれません。
何かのプラグインによってツール類がエラーになってしまうということも考えられます。
まずバックアップでバニラ(元のmodなしの状態)に戻してこれは必ず入れたい!というmodを入れていって、ひとつひとつ確認していくと分かるかもしれません。

ゲーム自体が起動しなくなったことも多数あります!
steam系でもイリュージョンのゲームでも何度も経験していることです。

起動すると動作を停止しましたなどとフリーズしたり・・・だいたいmodの導入が間違っているのですが、
データを入れるフォルダの階層が違うなど、例えばダウンロードしてきたのを解凍したときにだいたいreadmeがあると思いますがまず読んでから、その解凍した状態の階層へ入れることが大切です。
ハニーセレクトで説明するとだいたいmodの衣装などは解凍すると中身が
HoneySelect-abdata-charaとlist-characustomのフォルダが入っていると思いますが、その入れる場所を間違っていたりするかもしれません。
Pluginsやスタジオアイテムなど、どんなものを導入するのかで違いますが、もう一度確認してみるとよいかもしれません。

他にも???になったことがあるのは、スタジオアイテムの追加で、
HoneyselectItemResolverNeo(HIR)というツールを初めて使用した時に、start!ボタンを押したらエラーが出て悩みました。
このツールは、abdataのpathを指定してからstart!を押すだけなのですがスタジオ内に反映されなくて困ります。
スタジオアイテムに過去作の電車ステージを追加するmodを入れたかったのですが、いろいろ検索して試行錯誤した結果バージョンを変えたことで治ったようです。
本当に見逃してしまうのですが、こうしてPCゲームで遊んでいるとたったひとつのバージョン違いでエラーになったりすることがありますので気をつけたいです。

そしてそういったツール類のバージョンによる不具合は、お使いのPCの環境にも左右されますので正解は分かりません。

blenderでのエラーもプラグインを入れれたり入れられなかったりがバージョンによってありましたので私の場合はcm3d2をいじる時は2.76で.modelをいじって、DOA5では2.78aでtmcmeshなどをいじりました。

なんだかここまで思いついたことをスラスラっと書いてきたのでまとまりがありませんね・・・

カスタムメイドもハニーセレクトも、それぞれ相性のいいツールやバージョンがあるようですので、ひとつひとつ試すことです。
214
顔面崩壊してしまうこともあります・・・
こういったのはだいたいwidesliderのあり・なしで治ったりします。

まだ他にもたくさん困ったことがありましたが、今日はこのへんで失礼します~



DMMの独占エロゲー

reb reb